> その他 > 関係団体

更新日:2016年5月6日

北播磨地区薬物乱用防止指導員協議会について

  兵庫県では、覚せい剤、シンナー等薬物の乱用防止のための啓発活動のほか、講演などの予防啓発の指導等を行うため、県下に約550名の薬物乱用防止指導員を設置しています。薬物乱用防止指導員は知事を本部長とする兵庫県薬物対策本部長により、委嘱されています。
  北播磨地区には、35名の薬物乱用防止指導員により「北播磨地区薬物乱用防止指導員協議会」が設立されています。
  この協議会では、年に1回合同で「薬物乱用防止キャンペーン 6.26ヤングキャンペーン」を実施するほか、各地域で開催される健康まつり、文化祭等を活用して、指導員による薬物乱用防止街頭キャンペーンを行っています。
  北播磨地区薬物乱用防止指導員協議会事務局は、加東健康福祉事務所食品薬務衛生課にあります。


このページの掲載内容に関するお問い合わせ

(部署名)加東健康福祉事務所
(電話)0795-42-5111代表
(ファクシミリ)0795-42-4050

このページのトップへ